English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 農林水産研究基本計画について > (平成17年3月30日決定(平成19年3月27日改定) )農林水産研究基本計画


ここから本文です。

(平成17年3月30日決定(平成19年3月27日改定))農林水産研究基本計画

我が国の農林水産分野の研究開発のおおよそ10年を見通した計画です。

目次

はじめに

改定に当たって

I  農林水産研究の理念

1.農林水産研究が目指すべき社会的な貢献

2.農林水産研究の特質と進め方

II  農林水産研究の重点目標

1.課題の解決と新たな展開に向けた研究開発

(1)農林水産業の生産性向上と持続的発展のための研究開発

(2)ニーズに対応した高品質な農林水産物・食品の研究開発

(3)農林水産物・食品の安全確保のための研究開発

(4)農山漁村における地域資源の活用のための研究開発

(5)豊かな環境の形成と多面的機能向上のための研究開発

(6)国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発

(7)次世代の農林水産業を先導する革新的技術の研究開発

2.未来を切り拓く基礎的・基盤的研究

(1)農林水産生物に飛躍的な機能向上をもたらすための生命現象の解明

(2)自然循環機能の発揮に向けた農林水産生態系の構造と機能の解明

(3)生物機能・生態系機能の解明を支える基盤的研究

(4)食料・農林水産業・農山漁村の動向及び農林水産政策に関する研究

III  農林水産研究に関する施策

1.研究開発システムの改革

(1)研究の企画・立案機能の強化

(2)研究資金の確保と研究の効率的推進

(3)人材の育成と活用

(4)研究開発評価システムの高度化

2.産学官連携の強化と民間研究の促進

3.農林水産研究の国際化の推進

4.知的財産の創造、確保及び活用

5.研究情報基盤の整備と多面的な活用

6.研究成果の普及・事業化

7.国民との双方向コミュニケーションの確保

ページトップへ

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局技術政策課
ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX:03-3507-8794

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図