English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 導入が期待される技術リスト(トップページ) > 導入が期待される技術(畜産)について


ここから本文です。

導入が期待される技術(畜産)について

畜産における「現状と課題」と「強み」のある畜産物づくりの主な方向

畜産

(「新品種・新技術の開発・保護・普及の方針」概要より抜粋)

〇2014年に収集した技術(最新農業技術・品種2015)

 ・水稲輪作におけるイネWCS専用品種「リーフスター」を用いた漏生イネ対策

 ・WCS用稲をトラックでバラ積み輸送し飼料基地で調製する低コスト作業体系

 ・P糖タンパク質増強による受胎率の高い牛凍結体外受精胚生産技術

 ・ヨーネ病の新しい診断技術の開発および確立

 ・乗用トラクタの転倒転落事故の一因である左右ブレーキの連結忘れを防ぐ装置

〇2013年に収集した技術

 ・牛ふん堆肥と液肥を活用した飼料用オオムギ・イネ二毛作体系における高収量生産技術

 ・アミノ酸添加低蛋白質飼料給与技術によるカーボンオフセット養豚モデル

 ・プロバイオティック乳酸菌H61株を利用した食品の開発

 ・小型・軽量で高速作業が可能な不耕起対応トウモロコシ用播種機

〇2012年に収集した技術

 ・家畜ふん堆肥の効率的利用のための窒素肥効診断技術

 ・東北地域におけるフェストロリウム品種「東北1号」の最適刈取り体系

 ・飼料用米を利用した飼料費の削減(※)

 ・稲ホールクロップサイレージ給与による黒毛和種子牛育成技術(※)

 ・缶詰シロップ廃液を活用した肥育豚へのリキッドフィーディング技術(※)

〇2011年に収集した技術

 ・鶏に絶食ストレスを与えない産卵調整技術(※)

 ・焼酎粕濃縮液を活用した発酵TMRの牛への給与技術(※)

 ・肥料の流動性指標値とGPSを利用し高精度作業の行えるブロードキャスタ

 ・家畜ふん尿処理過程からの肥料成分の回収・利用技術

 ・放牧の活用を拡大する技術(※)

〇2010年に収集した技術

 ・トウモロコシ乾燥蒸留かす(DDGS)の採卵鶏飼料への活用(※)

 ・ホエーを主たるタンパク質源とする和牛人工ほ乳用代用乳の開発(※)

〇2008年に収集した技術

 ・産卵鶏飼料における飼料米代替技術(※)

 ・食品残さ飼料の交雑種肉用牛に対する給与効果の検討(※)

 ・飼料用稲等の新たな収穫調製技術

〇2007年に収集した技術

 ・食品残さを活用した発酵リキッドフィーディング技術(※)

〇2006年に収集した技術

 ・稲発酵粗飼料の肥育全期間給与技術(※)

※本技術を活用して「新品種・新技術活用型産地育成支援事業」等を実施する場合は、別途、事業の趣旨を検討したうえで、対応する必要があります。

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:推進班
代表:03-3502-8111(内線5892)
ダイヤルイン:03-3502-7462
FAX:03-3593-2209

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図