English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 導入が期待される技術リスト(トップページ) > 導入が期待される技術(いも類)について


ここから本文です。

導入が期待される技術(いも類)について

いも類における「現状と課題」と「強み」のある農産物づくりの主な方向

いも

(「新品種・新技術の開発・保護・普及の方針」概要より抜粋)

〇2014年に収集した技術(最新農業技術・品種2015)

 ・かんしょ新品種「こなみずき」でん粉の食品加工利用技術

 ・乗用トラクタの転倒転落事故の一因である左右ブレーキの連結忘れを防ぐ装置

〇2013年に収集した技術

 ・ICTを活用した圃場管理・営農支援技術

 ・土壌凍結深の制御による野良イモ対策技術

〇2011年に収集した技術

 ・少量かん水装置を備えたサツマイモ植付機

〇2009年に収集した技術

 ・焼酎原料用サツマイモの植付前作業一工程化技術

〇2008年に収集した技術

 ・ジャガイモシストセンチュウの簡易土壌検診

お問い合わせ先

農林水産技術会議事務局研究推進課
担当者:推進班
代表:03-3502-8111(内線5892)
ダイヤルイン:03-3502-7462
FAX:03-3593-2209

ページトップへ

農林水産技術会議案内

リンク集


アクセス・地図