このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

平成20年度第7回農林水産技術会議の概要

1.日時平成20年11月18日(火曜日)14時00分~16時00分

2.場所農林水産技術会議委員室

3.出席者

三輪会長、江原委員、西野委員、林委員、山本委員

佐々木事務局長、吉田技術総括審議官、塚本研究総務官ほか

4.議事

議題:重要課題に関する研究開発の方向(バイオ燃料について)

5.配付資料

資料:バイオエタノール製造技術について

6.議事概要

議題:重要課題に関する研究開発の方向(バイオ燃料について)

西野委員から「バイオエタノール製造技術について」について説明があり、意見交換が行われた。(詳細は別紙(PDF:108KB)のとおり)

【主な意見等】

サトウキビからバイオエタノールを製造する新規プロセスについて、技術先進国であるわが国としては、国際特許を取得して技術輸出していくのも戦略の一つではないか。

従来のプロセスでは砂糖を製造した後の残り(廃糖蜜)からエタノールを製造しているが、新規プロセスはエタノールをつくるためのプロセスになっている。この部分は日本の高い技術力が生かされている。

国内産のサトウキビは、海外のサトウキビ生産に有利な地域のものと比べると10倍の価格差がある。この価格差を補助金で埋めるには無理があるので、海外との価格差の少ない他の作物を利用することを考えることも必要ではないか。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課総括班

代表:03-3502-8111(内線5810)
ダイヤルイン:03-3502-7399
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader