このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

平成19年度第10回農林水産技術会議の概要

1.日時平成20年3月25日(火曜日)14時00分~16時00分

2.場所農林水産技術会議委員室

3.出席者

三輪会長、貝沼委員、榊委員、橋本委員、江原委員、林委員

竹谷事務局長、吉田技術総括審議官、小栗研究総務官ほか

4.議事

(1)「国際研究戦略」の策定に向けて

(2)平成20年度の農林水産技術会議の運営方針について

5.配付資料

資料1国際研究戦略(案)

資料2平成20年度の農林水産技術会議の運営方針(案)

その他政策評価(委託プロジェクト研究等の中間・事後評価等)について

(参考)評価個票(評価専門委員会決定)等

6.議事概要

(1)国際研究戦略の策定について

国際研究課長から「国際研究戦略(案)」について説明があり、質疑が行われた。(概要は別紙のとおり)(PDF:120KB)

【主な意見】

国内の遺伝子組換え農作物の受容の観点からも、生産者にメリットのある遺伝子組換え作物ではなく、消費者にメリットのある遺伝子組換え農作物も戦略に位置付けた方が良いのではないか。

途上国を対象としたものだけではなく、ゲノム研究など先端分野での共同研究も位置づけたほうが良いのではないか。

(2)平成20年度の農林水産技術会議の運営方針について

総務課長から「平成20年度の農林水産技術会議の運営方針(案)」について説明があり、了承された。

【主な意見】

林業(特に間伐材の利用)について積極的に審議事項に含めてはどうか。

消費者への発信について何らかの工夫をして進めることが大切である。

(3)その他

重倉研究開発企画官から政策評価(委託プロジェクト研究等の中間・事後評価等)について報告があった。

(以上)

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課総括班

代表:03-3502-8111(内線5810)
ダイヤルイン:03-3502-7399
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader