このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

平成18年度第8回農林水産技術会議の概要

1.日時平成19年1月16日(火曜日)14時00分~15時50分

2.場所農林水産技術会議委員室

3.出席者

甕会長、佐々木委員、貝沼委員、西野委員

高橋事務局長、伊地知研究総務官、佐々木研究総務官ほか

4.議事

(1)平成19年度予算の概算決定について

(2)第一線の研究者との懇談(平成18年度第2回)

5.配付資料

6.議事概要

(1)平成19年度予算の概算決定について

平成18年12月24日に概算決定された19年度予算における農林水産省科学技術関係予算について、事務局より説明が行われた。

(2)第一線の研究者との懇談(平成18年度第2回)

1)「遺伝子組換え技術による色変わりバラの開発について」

2)「細胞壁糖鎖の改変による不稔植物の作出について」

1)についてサントリー(株)先端コア技術研究所の田中良和氏より、2)について筑波大学大学院の佐藤忍教授より説明があり、意見交換が行われた。

【主な意見等】

遺伝子組換えの花きについては食物でないせいか、栽培から販売にかけて特段の反対運動等はなかった。(現在、生産は海外で行っている。)

研究が商品に結びついていくためには越えなければならない「死の谷」があるが、組換え技術による花き開発の際もかなりの投資が必要である。

農林水産省の競争的資金(生研センターの基礎研究推進事業)については、使用に自由度があってよい。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課総括班

代表:03-3502-8111(内線5810)
ダイヤルイン:03-3502-7399
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader