このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

平成17年度第2回農林水産技術会議の概要

1.日時平成17年5月25日(水曜日)10時00分~12時00分

2.場所農林水産技術会議委員室

3.出席者

甕会長、佐々木委員、榊委員、貝沼委員、西野委員

西川事務局長、宮﨑研究総務官、丸山研究総務官、飯田総務課長ほか

4.議題

(1)農林水産技術会議運営要領の改正について

(2)平成18年度の予算要求の方針について

(3)競争的研究資金事業の新規採択課題等について

(4)広報活動の基本方針について

(5)若手農林水産研究者表彰(農林水産技術会議会長賞)について

(6)第一線の研究者等との懇談(平成17年度第1回)

「民間企業における研究開発管理」

5.配布資料

資料1農林水産技術会議運営要領の改正について(案)

資料2平成18年度の予算要求の方針

資料3-1地域食料産業等再生のための研究開発等支援事業の新規採択課題について

資料3-2農林水産業・食品産業等先端産業技術開発事業(平成16年度終了課題の評価について)

資料4-1広報活動の基本方針(案)

資料4-2農林水産研究開発レポート「大豆の安定・多収を目指して」

資料5若手農林水産研究者表彰(農林水産技術会議会長賞)について

6.議事概要

(1)農林水産技術会議運営要領の改正について

農林水産研究基本計画が決定されたことに伴い、農林水産技術会議運営要領について所要の改正を行うことが決定された。

(2)平成18年度の予算要求の方針について

平成18年度の予算要求に対する基本的考え方及び主な検討事項等について、審議の上、決定された。

【主な意見等】

政策予算であるプロジェクト研究及び競争的研究資金については、十分な予算額の確保が必要である。

競争的研究資金については、政府全体の方針の中で予算額を伸ばすよう工夫する必要があるが、これまで項目も増え複雑になってきているので、応募者に対し分かり易くなるよう留意すること。

(3)競争的研究資金事業の新規採択課題等について

地域食料産業等再生のための研究開発等支援事業の平成17年度新規課題の採択及び農林水産業・食品産業等先端産業技術開発事業の平成16年度終了課題の評価について、審議の上、決定された。

(4)広報活動の基本的方針について

農林水産研究基本計画に定めた多様な広報媒体を効果的に活用し、分かり易い研究情報の発信を図るための新たな広報活動についての基本的な考え方及び具体的な取組方向等が、審議の上、決定された。また、研究開発レポート「大豆の安定・多収を目指して」を委員の意見を踏まえ、発刊手続きを行うこととなった

【主な意見等】

分かり易い研究情報の発信のために、職員だけでは気づかないことを補うことも重要であり、専門業者にアウトソーシングすることなども検討してはどうか。

(5)若手農林水産研究者表彰(農林水産技術会議会長賞)について

平成17年度より農林水産業及び関連産業に関する研究開発の一層の発展及びそれに従事する若手研究者の一層の意欲向上に資するため、優れた功績を挙げた若手研究者又は将来の技術革新等につながる優れた研究業績をあげた若手研究者に対して、農林水産技術会議会長賞を授与することについて、審議の上、決定された。

(6)第一線の研究者等との懇談(平成17年度第1回)

「民間企業における研究開発管理」

農業環境技術研究所の松井武久監事より、民間企業における研究開発マネジメントとして、企業における研究開発戦略、目標管理と評価等について講演があり、意見交換が行われた。

【主な意見等】

公的研究機関における研究開発にとっても示唆に富む内容であった。

企業における研究は、競争上、その迅速性が極めて重要であるとのことであるが、農業研究は独立行政法人等の公的研究機関が主体となって取り組んいるため、スピードの重要性といった要素が希薄である。競争的環境をどのように整えていくのかが重要である。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課総括班

代表:03-3502-8111(内線5810)
ダイヤルイン:03-3502-7399
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader