このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

平成16年度第10回農林水産技術会議の概要

1.日時平成17年2月24日(木曜日) 10時00分~11時45分

2.場所農林水産技術会議委員室

3.出席者

甕会長、佐々木委員、北里委員、貝沼委員

宮﨑研究総務官、石毛研究総務官、飯田総務課長 ほか

4.議題

(1)農林水産研究に関する基本計画の検討状況について

(2)第一線の研究者との懇談(平成16年度第3回)

「ロボット技術の最前線-群れ技巧ロボットからマイクロ・ナノロボットまで-」

5.配布資料

資料1農林水産研究に関する基本計画について

資料2ロボット技術の最前線-群れ技巧ロボットからマイクロ・ナノロボットまで-

その1(PDF:6.2KB)その2(PDF:8.3KB)

6.議事概要

(1)農林水産研究に関する基本計画の検討状況について

現在策定作業中の農林水産研究基本計画について、事務局から、2月18日に開催された第9回研究基本計画検討専門委員会での議論の概要を報告し、次回の技術会議での決定に向けて、今後の予定等について説明した。

【主な意見等】

今後、次回の研究基本計画検討専門委員会で取りまとめの上、3月の技術会議で最終的に決定することになっているが、広く外部から意見を聞くというプロセスを踏む必要がある。特に、オールジャパンを対象とした基本計画とすることとしていることから、大学、公立研究機関、民間研究機関に関する部分については、さらに関係者の意向を取り入れるよう対応すること。

(2)第一線の研究者との懇談(平成16年度第3回)

「ロボット技術の最前線-群れ技巧ロボットからマイクロ・ナノロボットまで-」

名古屋大学大学院工学研究科の福田敏男教授より、ロボット技術について、研究の歴史、各国における研究・実用化の状況、今後の展開の方向性について講演があり、質疑応答が行われた。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課総括班

代表:03-3502-8111(内線5810)
ダイヤルイン:03-3502-7399
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader