このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

平成16年度第9回農林水産技術会議の概要

1.日時平成17年1月25日(火曜日) 14時00分~15時30分

2.場所農林水産技術会議委員室

3.出席者

甕会長、佐々木委員、北里委員、植田委員、貝沼委員

西川事務局長、宮﨑研究総務官、石毛研究総務官 ほか

4.議題

(1)平成17年度科学技術関係予算の概算決定について

(2)独立行政法人の中期目標期間終了時の事務・事業の見直しについて

(3)生物多様性影響評価検討会及び拡散防止措置確認会議の開催概要について

(4)農林水産研究に関する基本計画の検討状況について

(5)指定試験事業の見直しに関する検討会の開催について

5.配布資料

資料1-1平成17年度科学技術関係予算の概算決定について(PDF:1.5MB)

資料1-2平成17年度農林水産技術会議事務局予算概算決定の重点事項

資料2独立行政法人の中期目標期間終了時の事務・事業の見直しについて

資料3生物多様性影響評価検討会及び拡散防止措置確認会議の開催概要について

(平成16年10~12月分)

資料4農林水産研究基本計画の検討スケジュール

資料5「指定試験事業のあり方に関する検討会」の開催について(案)

6.議事概要

(1)平成17年度科学技術関係予算の概算決定について

平成17年度科学技術関係予算に関して、農林水産技術会議の予算の概算決定等について報告された。

(2)独立行政法人の中期目標期間終了時の事務・事業の見直しについて

農林水産省所管の研究独立行政法人の業務見直しに関して、検討の経緯、中期目標期間終了時の事務・事業の見直しについて報告された。

【主な意見等】

今回の事務・事業の見直しについては、研究の効率化などの観点よりも組織の合理化という行革の観点が勝っていると思う。そのため、研究開発の効率化、重点化などの観点から更に検討を加え、次期中期計画に反映させることが必要。

独法の役職員が公務員から非公務員になることでどのような影響がでるのか。今後、採用試験などはどのように行っていくのかなど、非公務員化に伴う対応を十分検討する必要がある。

(3)生物多様性影響評価検討会及び拡散防止措置確認会議の開催概要について

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律の規定に基づき、平成16年10月から12月までに開催された生物多様性影響評価検討会及び拡散防止措置確認会議の結果の概要について報告された。

【主な意見等】

地方自治体で、研究目的での遺伝子組換え作物の栽培を規制する動きがあるが、最近の動きはどうなっているのか。研究推進の支障とならないようにする必要がある。

(4)農林水産研究に関する基本計画の検討状況について

農林水産研究基本計画に関してのこれまでの検討経過及び今後の検討予定が報告された。

(5)指定試験事業の見直しに関する検討会の開催について

これからの時代に対応した指定試験事業の意義、効果的・効率的な資源配分や研究開発システムを検討するため、「指定試験事業のあり方に関する検討会」を開催することが報告された。

【主な意見等】

指定試験については、今までかなりの成果を上げており、行政上、非常に大事な事業であるが、昨年の総合科学技術会議の評価は低かった。重要性は変わらないので、今後は、事業の透明性を高めるなどの工夫をし、継続を図る必要がある。

育種は、同一の環境条件のもとで、継続的に取り組まなくてはならない特性を有しているということを、評価者にしっかりとアピールする必要がある。

(6)その他

新たな研究基本計画の策定、独法の見直しなど、節目の時期にあたり、今後の技術会議の運営、業務改善等について検討することとされた。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課総括班

代表:03-3502-8111(内線5810)
ダイヤルイン:03-3502-7399
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader