このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

平成15年度第10回農林水産技術会議の概要

1.日時平成16年3月29日(月曜日)16時00分~17時45分

2.場所農林水産技術会議委員室

3.出席者

甕会長、鈴木委員、佐々木委員、北里委員

石原事務局長、吉田研究総務官、石毛研究総務官、臼杵総務課長 ほか

4.議題

(1)政策評価(プロジェクト研究等の中間・事後評価等)について(決定)

(2)農林水産研究基本目標の見直しにかかる検討体制について

(3)平成16年度の農林水産技術会議の運営方針について

(4)国際農業研究の推進方針(平成15年9月農林水産技術会議決定)を踏まえた業務について

(5)「第1種使用規程承認組換え作物栽培実験指針」の策定について

5.配布資料

資料1-1平成15年度研究分野別評価結果(案)及び反映方針(案)

資料1-2平成15年度研究課題の評価結果(案)及び反映方針(案)

資料1-3農林水産省政策評価実施計画(案)

参考-1平成15年度における研究分野別の評価結果(案)の概要

参考-2平成15年度研究課題の評価結果(案)の概要

資料2-1農林水産研究に関する基本計画の検討について(案)

資料2-2研究基本計画検討専門委員会の設置について(案)

資料3平成16年度の農林水産技術会議の運営方針について(案)

資料4国際農業研究の推進方針(平成15年9月農林水産技術会議決定)を踏まえた業務について

資料5「第1種使用規程承認組換え作物栽培実験指針」の策定について

6.議事概要

(1)政策評価(プロジェクト研究等の中間・事後評価等)について

政策評価法に基づく平成15年度の研究分野別評価結果、研究課題別評価結果及び平成16年度における政策評価実施計画について説明が行われ、審議の上、決定された。

【主な意見等】

評価結果は、評価専門委員会として集約された形になっているが、評価委員の個別の評価結果及び意見も参考にするとよい。例えば、農山漁村分野で言われていたように、ユーザーをよりはっきりさせないと真に地域で役立つものにならないという指摘は、今後に反映すべき。

(2)農林水産研究基本目標の見直しにかかる検討体制について

前回までの審議の上に立って、現行の農林水産研究基本目標(平成11年11月策定)の策定以降の情勢の変化を踏まえ、現行基本目標の抜本的見直しを行い、農林水産研究の理念・役割、重点目標及び目標実現のための方策を示すことをねらいとした農林水産研究に関する基本計画の枠組み及び研究基本計画検討専門委員会の設置について審議、決定された。

【主な意見等】

独立行政法人のみでなく、これまで以上に大学や民間も視野に入れて、農林水産研究及び食品研究に関して、産学官の連携も視野に入れ、国として引っ張っていくものを策定する必要がある。

計画の策定にあたり、農と林と水が一体となったものになるように連携を十分に図っていくこと。

計画の設定期間は、全体としてみれば10年でもよいが、個々の研究、特に基礎的な研究については長いのではないか。

(3)平成16年度の農林水産技術会議の運営方針について

平成16年度の農林水産技術会議の運営について、その基本的考え方、審議計画につき、審議の上、決定された。

(4)国際農業研究の推進方針(平成15年9月農林水産技術会議決定)を踏まえた業務について

国際農業研究の推進方針を踏まえた今後の研究業務について、報告がされた。

【主な意見等】

「世界の農業研究」の啓蒙の観点から、インターアカデミーカウンシル(IAC)が発表した報告書に対し、国連のアナン事務総長からアフリカの食料安全保障に貢献すべきとの提言があった。今後、国際農業研究もIACと協力していくことが必要ではないか。

(5)「第1種使用規程承認組換え作物栽培実験指針」の策定について

2月24日に「第1種使用規程組換え作物栽培実験指針」を策定・公表し、農林水産省が所管する独立行政法人や関係する行政機関等に通知した旨を報告した。

【主な意見等】

北海道の遺伝子組換え作物に関する条例のように、今後、各自治体で条例を作成することも予想されるが、試験研究については支障がないよう、今回の指針が活かされるようにする必要がある。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課総括班

代表:03-3502-8111(内線5810)
ダイヤルイン:03-3502-7399
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader