このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

平成13年度第3回農林水産技術会議の概要

1.日時平成13年6月18日(月曜日)14時00分~15時55分

2.場所農林水産技術会議委員室

3.出席者

甕会長、原田委員、佐和委員、北里委員、

小林事務局長、大森技術総括審議官、岩元研究総務官、西尾研究総務官、

守田総務課長ほか

4.議題

(1)プロジェクト研究の中間評価について

(2)農林水産政策研究所研究基本計画の策定について

(3)広報活動の強化について

(4)今後の森林・林業・木材産業分野の研究開発に係る予算要求について

(5)平成14年度水産関係予算検討状況(科学技術関係予算)

5.配布資料

6.議事概要

(1)プロジェクト研究の中間評価について

平成12年度に中間評価の対象となった4件のプロジェクト(組換え体産業的利用における安全性確保に関する総合研究、動物ゲノムの解析による有用遺伝子の単離と利用技術の開発、イネ・ゲノムの全塩基配列の解明、遺伝地図とミュータントパネルを利用した機能解明)に係る中間評価推進評価会議の評価結果及び対応方針(案)につき審議の上決定。

【主な意見等】

イネゲノム研究については、作物研究の基礎となりイネ以外にも応用が可能。生産性の向上、環境保全、機能性食品への応用の可能性等そのメリットが国民に対し分かるように留意する必要。

組み換え体利用の安全性等については、PA(パブリック・アクセプタンス)が重要であり、研究についても、国民に対し早い段階からの情報提供が必要。

評価の一貫性、効率性の観点から、プロジェクトの評価については、事前評価の段階から同じ人に担当してもらうよう努めることが適当。

(2)農林水産政策研究所研究基本計画の策定について

農林水産政策研究所の研究推進の視点、研究推進の方向、研究課題、研究の実施、評価及び情報公開等について規定する農林水産政策研究所基本計画(案)について審議の上了承。

【主な意見等】

旧農業総合研究所から農林水産政策研究所に画期的な転換が図られたことにより、政策立案等に資する研究の実をあげる必要。

行政の弁護ばかりでなく、先見的で政策をリードし得るクオリティの高い研究が望まれる。

国際政策研究は、各地域別に課題を重点化して実施する必要。

行政及び独立行政法人とよく連携・交流を図りつつ研究を進める必要。

(3)広報活動の強化について

技術会議が行う広報活動について、ホームページの刷新、「月刊技術会議の創刊」、成果発表会の開催、つくばリサーチギャラリーの運営改善等今後の広報活動強化に向けた取組みにつき報告。

【主な意見等】

農林水産関係の研究開発の意義や現状が理解されるよう技術会議の広報活動を強化することは重要。「月刊技術会議」はホームページにも掲載。

利用者の意見の反映に留意。

(4)今後の森林・林業・木材産業分野の研究開発に係る予算要求について

平成13年3月に策定された「森林・林業・木材産業分野の研究・技術開発」の重点課題に沿った今後の研究開発の推進方向及び平成14年度予算要求の考え方につき報告

【主な意見等】

森林の持つ多様な機能の評価について国民にわかるような定量的な指標を策定することが重要。

CO2総吸収量の設定等に関しては、科学的な根拠を踏まえた上で政策的に活かされることが必要。

(5)平成14年度水産関係予算検討状況(科学技術関係予算)

平成14年度の水産科学技術予算として、水産研究・技術開発戦略における重点課題への対応、有明海ノリ不作等対策等につき報告。

【主な意見等】

有明海ノリ不作対策のほか、有明海をめぐる緊急課題には研究機関として適時に対応することが重要。

以上

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究調整課総括班

代表:03-3502-8111(内線5810)
ダイヤルイン:03-3502-7399
FAX番号:03-5511-8622

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader