このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

福島イノベーション・コースト構想に基づく先端農林業ロボット研究開発事業

農林水産省は、福島県浜通りや避難区域の15市町村を対象地域とする農林業に関するロボット技術の開発・実証の取組を支援します。

平成31年度「福島イノベーション・コースト構想に基づく先端農林業ロボット研究開発事業」新規課題の事業実施主体の決定について

平成31年2月14日から3月1日までの期間において公募を行いました「福島イノベーション・コースト構想に基づく先端農林業ロボット研究開発事業」について、3月18日に開催した審査委員会による審査の結果、下記のとおり事業実施主体を決定しましたので、お知らせします。



1審査委員
 審査委員所属
 審査委員氏名
 
国立大学法人宮崎大学地域資源創成学部  教授
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構東北農業研究センター企画部産学連携室
産学連携コーディネーター
農林水産省農林水産技術会議事務局研究企画課  課長
農林水産省農林水産技術会議事務局研究統括官(生産技術)室  研究専門官
 
 
撫年浩
 
渡邊彰
山田広明
若林嘉浩
 


2事業実施主体
研究開発課題 研究グループ名 代表機関名 共同研究機関名

ICT活用による和牛肥育管理技術の開発

和牛肥育ロボット開発グループ

福島県農業総合センター

帯広畜産大学
一関工業高等専門学校
株式会社MIJlabo

平成31年度「福島イノベーション・コースト構想に基づく先端農林業ロボット研究開発事業」に係る公募について

公募情報についてはこちらをご覧ください。

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究企画課

ダイヤルイン:03-3502-7406
FAX番号:03-3507-8794