このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

遺伝子組換え農作物等の環境リスク管理に関する懇談会報告書 平成14年9月

目次

はじめに

I遺伝子組換え農作物等をめぐる状況

II遺伝子組換え農作物等の環境リスクを管理する新たな仕組みの構築

1現在の仕組みと改善の視点

2新たな仕組みのあり方

(1)基本的考え方

(2)リスク評価の考え方

(3)リスク管理の考え方

(4)リスク・コミュニケーションの考え方

3情報収集体制の整備・調査研究の推進

III環境リスクの管理措置の内容

1利用形態に応じたリスク管理措置

2利用に当たって実施すべき具体的措置

(1)モニタリング(環境影響の監視)・報告

(2)環境への悪影響が発見された場合の対応

(3)生産・流通状況の把握

3環境リスク評価を終えていない遺伝子組換え農作物等への対応

(1)監視

(2)発見時の措置

(3)意図せざる少量混入の取扱い

IVその他

1遺伝子組換え農作物等の輸出時の措置について

2遺伝子組換え品種と非組換え品種の交雑について

 

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究企画課技術安全室

代表:03-3502-8111(内線5863)
ダイヤルイン:03-3502-7408
FAX番号:03-3507-8794