このページの本文へ移動

農林水産技術会議

メニュー

生物多様性影響評価検討会総合検討会議事次第

日時:平成19年6月22日(金曜日)
14時00分~
場所:飯野ビル
農林水産省第一会議室

1  開会

2  挨拶

3  議事

(1)遺伝子組換え農作物の第一種使用規程の承認に係る申請書等の検討について

(2)その他

4  閉会

 

生物多様性影響評価検討会総合検討会配付資料一覧

資料1  第一種使用規程の承認に係る申請案件の審査状況(PDF:83KB)

資料2-1  農作物分科会における検討の結果(PDF:136KB)

除草剤グリホサート及びアセト乳酸合成酵素阻害剤耐性ダイズ
(gat4601, gm-hra, Glycine max (L.) Merr.)
(DP-356043-5, OECD UI: DP-356043-5)
(デュポン株式会社)

資料2-2  生物多様性影響評価書の概要(PDF:402KB)

資料3-1  農作物分科会における検討の結果(PDF:167KB)

除草剤グルホシネート耐性及び雄性不稔及び稔性回復性セイヨウナタネ
(改変bar, barnase, barstar, Brassica napus L.)
(MS8×RF3, OECD UI: ACS-BN005-8×ACS-BN003-6)
(バイエルクロップサイエンス株式会社)

資料3-2  生物多様性影響評価書の概要(PDF:482KB)

資料4-1  農作物分科会における検討の結果(PDF:164KB)

除草剤グルホシネート耐性及び雄性不稔及び稔性回復性セイヨウナタネ
(改変bar, barnase, barstar, Brassica napus L.)
(MS1×RF1, OECD UI: ACS-BN004-7×ACS-BN001-4)
(バイエルクロップサイエンス株式会社)

資料4-2  生物多様性影響評価書の概要(PDF:500KB)

資料5-1  農作物分科会における検討の結果(PDF:163KB)

除草剤グルホシネート耐性及び雄性不稔及び稔性回復性セイヨウナタネ
(改変bar, barnase, barstar, Brassica napus L.)
(MS1×RF2, OECD UI: ACS-BN004-7×ACS-BN002-5)
(バイエルクロップサイエンス株式会社)

資料5-2  生物多様性影響評価書の概要(PDF:487KB)

参考資料1  カルタヘナ法に基づく第一種使用規程が承認された遺伝子組換え農作物一覧(作物別、承認順)(PDF:120KB)

参考資料2  カルタヘナ法の経過措置が適用され第一種使用等に係る承認がなされたものとみなされる遺伝子組換え農作物一覧(PDF:72KB)

参考資料3  カルタヘナ法に基づく第一種使用規程の承認申請について学識経験者の意見の聴取を終えた審査中の案件一覧(PDF:63KB)


議事録(PDF:271KB)

お問合せ先

農林水産技術会議事務局研究企画課技術安全室

担当者:技術安全企画評価班
代表:03-3502-8111(内線5860)
ダイヤルイン:03-3502-7408
FAX番号:03-3507-8794

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader